京商1/64 第1弾 フェラーリ ミニカーコレクション 全10車種(28種類)

スポンサーリンク

Kyosho 1/64 Ferrari Minicar Collection

2004年11月30日(火)発売 ¥368-(税込)3色展開/車種

今となっては懐かしい第1弾ですが、
フェラーリはこのあと第12弾まで続きます。

この時期はシークレットやオンライン限定モデルの設定はありません。

(引用:京商 CVS ミニカーコレクション シリーズラインナップ Ferrari Minicar Collection)

仕様  【組立キット】パーツ点数:10点、ドライバー、ビス付
《ボディ》亜鉛合金
《ウインドウ》ポリスチレン
《内装・シャシー・ホイル》BS樹脂 
《タイヤ》PVC(非フタル酸系)
《ディスプレイベース》ABS樹脂
1/64スケールミニカーのほか、
全長約90mmの展示用ディスプレイベースと、
車両を解説したコレクションカードを同梱
スポンサーリンク

512BBとENZOが新規キャスト

ラインナップ

250 Testarossa
250 california
Dino 246GT
365GT/4BB
512BB
288GTO
F40
F50
360 Modena
Enzo

第1弾のフェラーリのラインナップは、
個人的には250テスタロッサが一番良い造形ではないかと思います。

また、3インチモデルでは車種的に珍しい、
250カリフォル二アスパイダーは、
チープで味のあるトイライクな作りが、
クラシックな佇まいにマッチしており、

このラインナップの中では、
今見ても感じが良い仕上がりなのではないでしょうか。

後発のシリーズと比較して、
明らかにキャストの完成度が全然違います。

一時期よくあった数量限定のキャンペーンで、
コンビニで飲料を買うとついてくるミニカーのおまけを、
少し良くした程度の出来でした。

というのも、2003年3月~6月20日まで開催されていた、
ダイドードリンコの缶コーヒー(デミタスコーヒー)の
フェラーリミニカープレゼントキャンペーンに使われていたのと同じ金型でした。

税込¥368-はシリーズ内では安く感じますが、
今振り返ってみれば非常に割高感があります。

デミタスコーヒーのキャンペーンでは、
缶コーヒーにシールが付いており、
そのシールにある数字のコードを使ってWebから応募して、
当選すればフェラーリのミニカーがもらえました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました