1940年代の自動車

Nissan(日産)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日産ヘリテージコレクション「座間記念庫」所蔵車両 No.009

神奈川県座間市にある事前予約制ミュージアム。
日産ヘリテージコレクション「座間記念庫」
NISSAN HERITAGE COLLECTION The Zama Factory Museum
についてはこちら

たま電気自動車(1947年/昭和22年:E4S-47-I型)Tama Electric Car

のちにスカイラインの初代モデル (プリンス・スカイライン、ALSI-1型)を作ったたま電気自動車が終戦直後に生産していた電気自動車です。
(「東京電気自動車」から1949年に社名変更、 1952年には「プリンス自動車」に社名変更、1966年に日産と合併)

かつて東京都北多摩郡府中町に工場があり、
その地名の多摩地区から「たま」と命名されました。

型式の意味は、それぞれ以下の通りです。
E = Electric(電気)、4S = 4 人乗りセダン、47 = 年式、I 型 = 初期型
ホイールキャップの「たま」のロゴがレトロでお洒落です。
タクシーなどとして活躍していたようです。
(最高速度35km/h、航続距離65km/1充電あたり)

たま電気自動車は他にも、
2ドア/4ドアセダンやトラックも生産しています。
たまトラック(1947年~:EOT-47型)
セニア(1948年~:EMS-48型、EMS-49-II型)
ジュニアー(1948年~:E4S-49-II型)

※ 上記の画像は横浜、みなとみらいにある、 日産グローバル本社ギャラリーで展示されていた際に撮影したものです。
現代のEV(電気自動車)「新型リーフ」の発売に合わせて展示されていました。

これらのヘリテージ車両は、
通常は日産ヘリテージコレクション「座間記念庫」 (事前予約制のミュージアム)に所蔵されており、
その所蔵車両の一部がこのように各地に貸し出されています。
※ もし興味を持たれて、
日産ヘリテージコレクションへお目当ての車両を見学に行かれる際には、
希望日に車両が見られるかどうかは事前に問い合わせて確認しないと、
他の展示施設などに貸出ししていることがありますのでご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました