クルマ道楽必見のテレビ番組

スポンサーリンク

クルマ好きなら見逃せない、
自動車に関するテレビ番組をまとめてみました!
テレビ番組なので観る方によって好き嫌いあるかと思いますが、

探してみると意外にも色んな番組をやっているので、
是非、自分に合ったものを探してみてください。
観始めるとどれも毎週次回放送が楽しみになります!

スポンサーリンク

カーグラフィックTV Car Graphic TV CGTV

BS朝日 毎週日曜日 23:30 ~ 23:59 29分

1984年10月5日放送が開始されたが、
自動車雑誌「カーグラフィック (CG誌)」 の監修番組で、
2019年2月現在、
これまでの放送回数は通算1600回を超えています。
YouTubeに番組公式チャンネルが開設されていますが、
登録動画されている動画が一個しかないので、
もっと観れるといいのですが…!!

賛否両論あるかと思いますが、
メモワールとして過去放送を振り返る放送回などもあり、
極めてマニアックな内容で見ごたえのある回も多くあります。

トップギア Top Gear

BSフジ 毎週日曜日 26:00 ~ 27:00
過去の放送分はhuluとAmazon Primeで観られます。

Hulu 

所さんの世田谷ベース

BSフジ 毎週火曜日 23:00 ~ 23:55

2019年2月現在、
これまでの放送回数は280回以上、
もうすぐ通算300回目前です。

さすが多趣味の所さんです。
クルマ好きでなくても楽しめるような内容で、
クルマから派生して色んなものへ興味が沸いてくるような方なら
毎回たまらない内容です。

自動車の番組ではなく毎回、自動車やバイク以外に
フィギュア、雑貨、DIY、ミリタリーなどの模型やジオラマ、
エアガン、ミニ四駆、ギターなどいろいろな話題で構成されています。

毎回、生き方、人生観まで参考になるような放送で、
新たな興味が広がったり、
こんな視点があるのかというような思わぬ発見があるので、
自動車に関することを何も扱わない回も多いのですが
非常にススメな番組です。

過去放送回はどこで観られる?

過去放送回はフジテレビが運営する、
動画配信サービスのFODプレミアムで視聴できます。

2019年2月末現在 、
FODプレミアムのWebサイトに、
「放送後 期間限定無料配信」というのがあり、
最新話が一定期間無料視聴できます。

バックナンバーで観たい回がある

見放題対象作品なのでバックナンバーで観たい回がある場合には、
初回の無料おためしで1ヶ月間の無料期間内に解約すれば、
とりあえず気になる回を一通り観てみることもできます。

FODプレミアムロゴ

おぎやはぎの愛車遍歴

BS日テレ 毎週日曜日 21:00 ~ 21:54 54分

2019年2月現在、
これまでの放送回数は260回以上、

最新話はWebサイトで、
過去の放送分はhuluで観られます。

Hulu

クルマでいこう

●テレビ神奈川(TVK)
毎週日曜日 22:00 ~ 21:54 54分(再放送土曜日11:00)放送
●群馬テレビ(GTV) 毎週日曜日 21:00 ~ 21:30
●三重テレビ (MTV) 毎週日曜日 1200 ~ 12:30
●テレビ和歌山 (WTV) 毎週月曜日 24:05 ~ 24:35
●岐阜放送 (GBS) 毎週金曜日 11:00 ~ 11:30 
●テレビユー山形 (TUY) 毎週月曜日 25:25 ~25:55
●LCV (ケーブル局) 毎週土曜日ほか 11:00 ~ 11:30ほか

試乗インプレッションやユーティリティーチェック、開発担当者へのインタビュー などがありまじめな内容です。
その時に興味がある車の基本的な情報をとりあえず網羅的に知りたい時には有益だと思います。

WEC(FIA世界耐久選手権)ダイジェスト

BSフジ(181~183ch)/ BSフジ 4K 不定期
次回:FIA WEC 2018-19 スーパーシーズン 第6戦 アメリカ
2019年 3月31日(日) 25:45~26:50【4月1日(月) 1:45】

SUPER GT+

BS日テレ 毎週日曜日 23:30 ~ 24:00 30分

モータースポーツシーンの中でもSUPER GTに関する情報を発信しています。
その他、オートサロンの様子や、
過去にはレーシングドライバーが解説をしてくれながら、
自分の愛車のチューニングカーを紹介する回などもありました。

スーパーフォーミュラ(各レース決勝)

BSフジ(181~183ch)/ BSフジ 4K  14:00~15:55(基本)

D1グランプリ

BSフジ(181~183ch)/ BSフジ 4K 不定期

Amazon primeで観られる車関係の番組

ジムカーナ・ファイル ~限界への挑戦~

あのケン・ブロックの有名なドリフト動画シリーズの舞台裏が観れる!!

Youtubeのカースタント動画のメイキング(字幕つき)がドキュメンタリー形式で観られます。


ル・マン ~レースに懸ける男たち~

ポルシェ919ハイブリッド(19号車)が、
98年以来のル・マン総合優勝を果たした2015年シーズンの第83回ル・マン24時間レースのドキュメンタリー(全6話)
ポルシェ919ハイブリッドとアウディR18 e-トロン・クワトロの首位争いの模様をドライバーのコメントを多数交えて追っていきます。
プライベータ―のレベリオン・レーシングや、
GT-R LM NISMOで参戦した日産の、
ゲーマー(グランツーリスモ )出身のレーシングドライバー、
ヤン・マーデンボローの参戦なども描かれ、
多彩なル・マンが観られます。


The Return

フォードがワークス体制で ル・マン24時間レースに50年(半世紀!)ぶりに再挑戦するドキュメンタリー映画です。

フォードは1964年にGT40を投入して初参加しましたが、
翌年の1965年と2年連続で全車両リタイヤしました。
参戦3年目にして1966年にル・マンに初優勝(1-3位独占)しています。(フォードGT40マークII:総距離4843.090km、平均速度201.795km/h)
翌67年には史上唯一、アメリカ人によるアメリカ車での優勝を成し遂げています。(フォードGT40マークIV :総距離5232.90km、平均時速218.038km/h)

結局、初優勝した1966年から1969年までにGT40は4連覇しており、
2016年はフォードのル・マン初優勝50周年にあたる年で、
これに合わせて入念な準備をし、
新型車両(フォードGT)開発から GTEプロクラスで見事クラス優勝するまでのドキュメンタリーになります。

24時間戦争(99分/2016

ル・マン24時間レースにおけるフェラーリvsフォードのドキュメンタリー
1960年代の自動車レース黄金期においてフェラーリvsフォードのル・マン24時間レースでの戦いを、両メーカーの成り立ちから時代背景と共に詳しく描いています。レース活動に対するそもそもの姿勢やアプローチの違いも含めて両者がそれぞれ戦っていた意義が理解でき、 世界大会であるル・マン優勝というタイトルを賭けた戦いが持つ歴史的な重みと、それに翻弄された人々が非常に印象的です。 

ル・マン24時間レース、ミニチュアモデルコレクションについて

グランプリ・ドライバー

グランド・ツアー

コメント

タイトルとURLをコピーしました