NISSAN GALLERY 日産 グローバル本社ギャラリー 世界に挑め。日産グローバルモータースポーツの60年 60 years of NISSAN International Motorsport

24 heures du Mans ル・マン 24時間レース
スポンサーリンク

’96 ル・マン24時間、’99 BTCC参戦車両の展示

横浜の日産グローバル本社ギャラリーで、
2018年11月25日までイベント開催中です。
90年代のレース車両が展示されるということで、

照明の管理された落ち着いた室内空間で
車両が眺められるまたとない機会となっています。

60年間の代表的なモータースポーツ車両14台が、
期間ごとに入れ替えで展示されました。

NISMO GT-R LM(1996 ル・マン24時間)と、
プリメーラGT(1999 BTCC シリーズチャンピオン車)が展示中です。
これらの車両は通常は事前予約制のミュージアム、
日産ヘリテージコレクション「座間記念庫」 NISSAN HERITAGE COLLECTION The Zama Factory Museumで展示されています。

上記2台の展示は11月は25日(月)までで、
これまでの期間に展示された車両の詳細はこちらから確認下さい。

スポンサーリンク

NISMO GT-R LMとプリメーラGT

NISMO GT-R LM(1996 ル・マン24時間)
プリメーラGT(1999 BTCC シリーズチャンピオン車)

   

 Nissan Skyline NISMO GT-R LM Le Mans 1996
日産 スカイライン ニスモ GT-R LM 1996年 ル・マン24時間

R33型スカイライン GT-RをベースとするGT仕様の「ニスモGT-R LM」は、
1995年のル・マン24時間レースが初参戦となり、
1995年と1996年の2年間に渡って2回ル・マン24時間レースに出走しています。

90年代に市販車ベースのGTカーでル・マンに挑戦したのは日産だけではなく、
ホンダからNSX(1994年~1996年)
トヨタからスープラ(1995年~1996年)が参戦していました。

1995年 第63回 ル・マン24時間レース戦績

6月17~18日 出走47台(完走23台)

22号車(福山英朗/粕谷俊二/近藤真彦)予選34位 (4分14秒430)
23号車(星野一義/鈴木利男/影山正彦)予選27位 (4分09秒061)

23号車は明け方に157周目でリタイア、
22号車がクラス5位、総合10位で完走

22号車戦績
予選34位:4分14秒430
決勝:271周 総合10位/GT1クラス5位

1996年 第64回ル・マン24時間レース戦績

6月17~16日 出走48台(完走25台)

翌年の96年、ル・マン24時間レースには、
2台ともクラリオンカラーのカラーリングで出走しています。

22号車(鈴木亜久里/影山正彦/近藤正彦)予選35位 (4分06秒184)
23号車(星野一義/長谷見昌弘/鈴木利男)予選29位 (3分59秒946)

22号車はブレーキトラブルで29週目でリタイア、
23号車がクラス10位、総合15位で完走

23号車戦績
予選29位:3分59秒946
決勝:307周 総合15位/GT1クラス10位

       

NISMO GT-R LM アシェット ル・マン24時間レース カーコレクション 第23号 2019年7月31日(水)発売予定

プリメーラGT(1999 BTCC シリーズチャンピオン車)

BTCC=イギリスツーリングカー選手権

     

Primera GT BTCCの走行シーンの動画

BTCC(British Touring Car Championship )

イギリスツーリングカー選手権のドキュメンタリー動画です。


なお、銀座のNISSAN CROSSINGでも、
10月14日(日)~11月25日(日) まで、
グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで登場した、
Nissan GT-R50 by Italdesignが展示されているのでそちらも見逃せません。

また、期間中はNISSAN CROSSINGで、
1972年の東京モータショーに出展された、
「スカイライン2000GT-R レーシングコンセプト」も、
同時に展示されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました